ヘモグロビンA1cとは

MENU

ヘモグロビンA1c(HbA1c)とは

 糖尿病を判断する基準値には、先述の血糖値が有りますが、実際に糖尿病予防に取り組まれている方は、このHbA1cに目を向ける様、お医者様から指導を受けているのではないでしょうか?

 

 血糖値も治療目標となる数値ですが、食事、ストレス、検査当時の体調や飲酒の有無などによって常に変動するものですから、それが必ずしも真実の状態を示しているとは限りません。

 

血糖値が上がった下がったで一喜一憂するのも良いのかも知れませんが、糖尿病をしっかりと予防するためには、出来ることならば、管理目標をHbA1cに照準を定めたいところです。

 

ヘモグロビンA1c(HbA1c)とは・・・特定の期間における血液中の糖化ヘモグロビン(血糖値)の濃度を平準化した指標です。

 

つまり、過去1〜2ヶ月程度の血糖値のおよその平均値として考えることが出来ます。

 

このHbA1cこそが、糖尿病診断における基準値として病院で最も使用されているのです。

 

もちろん、皆様はヘモグロビンという言葉を聞いたことが有りますよね?

 

「ヘモグロビン」は、血液中の赤血球に含まれるタンパク質の一種であり、全身に酸素を送り届ける役目を担っています。しかしながら実は、私たちにとっては余り嬉しくない性質も併せ持っているのです。

 

それは、ヘモグロビンは血液中のブドウ糖と結合してしまうということです。

 

血液中のブドウ糖とヘモグロビンが結合してしまうことを「糖化現象」と言いますが、この糖化したヘモグロビンこそがHbA1cであり、毛細血管などを攻撃して酸化させてしまう原因となっているのです。

 

ですから、このHbA1cという指標が高値になればなるほど、体の糖化が進んでいることを示しています。

 

HbA1cの状態(糖尿人におけるHbA1c管理)

指標

優秀

不良

不可

HbA1c(NGSP)%

6.2未満

6.2〜6.8

6.9〜7.3

7.4〜7.9

8.0以上

 

  Hba1C(NGSP)の正常値はおよそ6.2%以下であり、6.2%以上であれば糖尿病(高血糖)を疑わなければなりません。もし8%以上の状態が数年も続いてしまうと、それは合併症発症の危険性を飛躍的に高めてしまう最たる要因となってしまいます。

 

しばしば、今回計測した血糖値が前回よりも上がっていたけれど、HbA1cの数字は下がっていたという逆転現象が起こることが有ります。

 

かならずしもHbA1cが間違っている訳ではなく、たまたま直近の糖質対策が疎かになっていただけで、過去1〜2ヶ月の管理はうまくできていたという場合にこの様な矛盾が発生します。しっかり、長期的な血糖値コントロールが出来ていれば、HbA1chは、徐々に目標とする数値に近づいてくるでしょう。

 

糖尿病の予防には、血糖値を意識することも大事ですが、やや長いスパンで計画的にHbA1cの数値を下げていくことが大切です。今日明日糖質を抜いたからといって、HbA1cが低下するものではありません。

 

遺伝的な要素もありますが、糖尿病は何十年にもわたる生活習慣が原因になっているケースがほとんどです。ですから、長期的な改善計画をもって、しっかりとHbA1cの管理目標を設定したいところです。