糖尿病性網膜症

MENU

糖尿病性網膜症

高血糖状態が継続すると、体の中の余剰な血糖が体内の血管を損傷し、血管組織を劣化させる大きな原因となっています。

 

そして、この血糖が網膜などに集積する毛細血管の損傷を引き起こすことで、糖尿病性網膜症が発生するのです。

 

糖尿病性網膜症の場合、症状が進行する初期段階で、自覚症状が殆どありません。
ですから、気づかないうちに、糖尿病性網膜症が進行してしまうのです。

 

網膜症になると、視界がぼけてきたり、視力が低下してしまって最終的には失明にいたることさえ有ります。

 

糖尿病性網膜症を予防するためには、やはり高血糖状態の早期発見・早期治療しか有りません。

 

血糖値が高いことを放置することなく、食生活を見直して体を動かす癖をつける。

 

こうした日々の生活習慣の改善が予防の第一歩としては、とても大切です。

 

健康診断の結果、血糖値が高くて、糖尿病の疑いが有ると診断されてしまった場合、これに目を背けることなく予防のために出来ることから考えてみましょう。