糖尿病とストレスの関係

MENU

糖尿病とストレスの関係

日ごろ、ストレスを感じていることって有りませんか??

 

いくら規則正しい食生活を心掛けても、大きなストレスを抱えていては糖尿病のコントロールに良い結果はでません。

 

ストレスを感じた場合、体の中では"インスリン拮抗ホルモン"と呼ばれるホルモンが分泌されています。

 

このインスリン拮抗ホルモンは、インスリンの効果を無効化してしまうホルモンで、インスリン感受性を低下させてしまいます。

 

一時的な分泌作用であれば問題がありませんが、いつもストレスを抱えている様な生活を送っていると、
この拮抗ホルモンを常時産出していますので、やがてはインスリン抵抗性をもってしまいます。

 

血糖値やヘモグロビンA1cのコントロールで、思うような結果が出ていないという方は、精神的なストレスがなんらかの負荷を与えているかもしれません。

 

日ごろの生活で、ストレスに感じていることは有りませんか?

 

そのストレスを解消することが、血糖値を改善する上でとても重要なのです。

 

 糖尿病の遺伝的要素がある人は、ストレスが引き金になって糖尿病を発症することも多いそうです。

 

ストレス=糖尿病という簡単な構図では有りませんが、食習慣を改善して、運動もしているのに、血糖値が改善しない場合、
抱えているストレスが原因になっているかも知れません。